サイトマップ プライバシーポリシー
ホーム 沿革・所長挨拶 スタッフ 組織・研究内容 出版物
海洋研では様々な研究を行っています

東海大学海洋研究所は1966年に設立された研究施設です。海をはじめ、地球、生命に関する様々な研究を進めています。
 
お知らせ Information
2016 / 4 / 1
長尾年恭教授が所長となり、新体制となりました。所長あいさつ --> こちら
2015 / 6 / 11
東海大学海洋研究所のシンボルマークが決まりました!
詳しくは --> こちら
2015 / 5 / 30
東海大学海洋研究所研究発表会が開催されました
。海洋研究所のシンボルマークの優秀賞1点、佳作2点が選ばれ、表彰されました。詳しくは --> こちら
2015 / 5 / 15
東海大学海洋研究所のシンボルマーク募集〆切を5/20まで延長します!どなたでも応募できます!どしどしお寄せください。終了しました
2015 / 5 /11
東海大学海洋研究所研究発表会を5月30日に開催します。所員のプロジェクト紹介の他、昨年、2名の研究所員が受賞・顕彰されたため、記念講演を行います。一般の方、学生
さんにもわかりやすくお話しします。募集していたシンボルマークの発表・授賞式も行いますので、ぜひお越しください!終了しました

2015 / 4 / 17
東海大学海洋研究所のシンボルマークを募集しています。〆切は5月13日です。どなたでも応募できます!どしどしお寄せください。
終了しました
2015 / 4 / 6
海洋研究所の個別プロジェクト「全球海面乱流フラックスデータセットの構築に関する基礎研究」に関連する研究で、海洋学研究科海洋科学専攻修士2年の坂本理沙さんが、2015年度日本海洋学会春季大会でベストポスター賞を受賞しました。受賞した発表題名は、「物理特性を考慮した熱帯域の海洋観測ブイの配置に関する研究」で、エルニーニョなどの監視に密接に関連する内容です。
2015 / 2 / 23
山田吉彦教授が第15回正論新風賞に選ばれ、グランドプリンスホテル高輪にて贈呈式がありました。 詳しくは --> こちら
2015 / 1 / 28
海洋研究所の個別プロジェクト「全球海面乱流フラックスデータセットの構築に関する基礎研究」に関連する研究で、海洋学部海洋地球科学科の石川裕晃君が、「海面水温が気候を変える!?」というタイトルで発表を行い、富士山麓A&Sフェア2104でポスター発表優秀賞を受賞しました。
2014 / 12 / 5
森阪匡通特任講師が第19回「音の匠」として日本オーディオ協会より顕彰されました
詳しくは --> こちら
2014 / 11 / 5
[論文] 長尾教授らのグループによる研究がScientific Reports誌に掲載されました。
Preseismic Changes of the Level and Temperature of Confined Groundwater related to the 2011 Tohoku Earthquake(2011年東北地方太平洋沖地震に関係した被圧地下水の水位と水温の地震発生前の変化)
詳しくは --> こちら
2014 / 8 / 30
ホームページを新たに作りました。
2014 / 5 / 24
海洋研究所プロジェクト研究発表会「海洋研って、なに?」を開催しました。
     10:00 - 12:30 東海大学海洋学部8号館 8404号室
研究組織
0000003 長尾研究室
0000002 山田研究室
0000003 小倉研究室
0000003 佐柳研究室
0000003 その他
このページの先頭へ