●生物解説『マツカサウオ』

●新規サイト準備中のお知らせ

 当館では、新たに「海のはくぶつかん」サイトを準備しデータ移行作業中です。 この生物図鑑のページも将来的にはそちらへ移行しますので、 ブックマークに登録したり、リンク設定されている場合は新規ページへの修正をお願いします。

 『まつかさうお』の新しいページは こちらになります。

マツカサウオ画像
標準和名:まつかさうお

学 名 :Monocentris japonica
分 類 :マツカサウオ科

■分 布:本州中部以南の太平洋岸

■解 説:
 約15cmになる。浅い岩礁にすむ。体は硬い大きなウロコでおおわれ、その姿が“松かさ”に似ていることから、種名がつけられている。下顎(したあご)の先に発光バクテリアがすみ、発光魚として有名。味がよく、食用とされる。

■当館で飼育していた水槽
 ・円柱水槽
 ・海洋水槽
 ・一般水槽

■印刷物掲載
 ・『海のはくぶつかん』1989年 3月号:まつかさうお(表紙説明)

■キーワード
 ・ 中部日本の魚
 ・ きれいな魚
 ・ 変わった形の魚
 ・ 変わった習性の魚

●飼育生物目録へ

最終更新日:2004-01-02(金)
〒424-8620
 静岡県静岡市清水三保 2389
  東海大学社会教育センター
   インターネット活用委員会