教員紹介

photo1

占部 正承 教授

うらべ まさつぐ    研究室 8408

空間内に配置された点集合とそこに潜む性質を調べています。例えば「夜、満天の星空を見上げると、それらの星を頂点とするいくらでも大きな凸多角形を見つけることができませんか?」この様な事を毎日考えています。



photo1

大石 友彦 教授

おおいし ともひこ   研究室 8114

海洋光学を中心とした海水の光学的特性、放射伝達論、その応用としての可視域リモ−トセンシングデ−タの解析アルゴリズムの研究。さらにはそれにかかわる光学測器の開発。



photo1

大場 真 教授

おおば まこと     研究室 8244

専門は有機合成化学、有機典型元素化学、生体物質化学です。アミノ酸を利用した不斉合成、安定同位体標識化合物の合成、テルルの特徴を利用した新しい反応の開発などに取り組んでいます。




photo1

金子 友彦 教授

かねこ ともひこ    研究室 8142

材料化学、特に炭素材料について研究しています。炭素は木炭やシャ−ペンの芯から原子力発電、スペ−スシャトル、燃料電池やi-Padまで、その多岐にわたる特徴を利用して重要な材料として使われます。



photo1

佐藤 実 講師

さとう みのる     研究室 8308

物理教育研究,宇宙エレベーター.ニュートン力学概念などの物理学の概念理解について,地球と宇宙をケーブルで結ぶ宇宙エレベーターについて研究をしています.





photo1

須田 斎 教授

すだ ひとし       研究室 8221

私は老化と寿命の研究をしています。寿命は予測不可能である、老化は個性化の泉であるというのが、その結論です。このような科学的な結論に心理学的な思考法を加えて、より豊かな生のあり方を探求しています。



photo1

中村 昭宏 教授

なかむら あきひろ   研究室 8431

「ピタゴラスの定理」を無限次元の世界で調べています。この話は「フーリエ級数」という話題と関連してきます。講義科目では、「微分積分学」や「線形代数」という科目と深く関連しています。私もわからないことが多くありますが、皆さんと楽しく学んでいきたいと思います。



photo1

細野 潔 教授

ほその きよし      研究室 8321

グラフ理論等を用いて解かれることが多い、離散幾何学。広くは離散量を用いて研究される組合せ論。





photo1

田中 昭彦 准教授

たなか あきひこ   研究室 8445

海の色は時々刻々と変化し,様々な色を呈します. その海の色から得られる海中 の情報について研究をしています.また,水中における光の分布に関する数値実 験も行っております.



photo1

松田 克己 准教授

まつだ かつみ      研究室 8443

幾何学全般に関心があります。特に、代数幾何学 、離散幾何学、複素幾何学。最近は幾何学が物理の影響を受けているので、幾何学を通じて世界の構造を理解したいとも思っています。



photo1

松野 俊一 准教授

まつの しゅんいち    研究室 8145

物理理論。ある物はどうして電気を流し、別のものは流さないか、といった事を調べる学問です。今では超伝導、つまり全く摩擦なしに流れる電流現象を主に調べて来ましたが、摩擦が重要になる現象も研究しようと思います。



photo1

山崎 剛 准教授

やまざき つよし      研究室 8141

専門は生体防御学、免疫学、細菌学です。マクロファ−ジに取り込まれた細胞内寄生菌をタ−ゲットにしたワクチンの開発、抗原特異的T細胞の誘導法について研究しています。海の生物の生体防御機構にも取り組む予定。



photo1

丹 佑之 特任講師

たん ひろゆき      研究室 8440

光と音を用いた画像情報処理の研究を行っている。また、沿岸域を中心とした海色リモートセンシング技術(光学測器開発・データ解析アルゴリズム開発)や知能ロボットを用いた機械制御に関する研究も行っている。