清水教養教育センター

 東海大学では2001年度から、ヒューマニズムに立脚した教養を重視し、 人間、社会、自然、歴史、世界、文明などについて、自ら考える力を養うことによって、 問題発見・解決型人材を育成することを目指しています。 さらに、ここ海洋学部では学部の教育目標として、 海の自然と人類が培ってきた文化・文明を一体とした視野を持つ人材の育成および海の探求、 保全、そして持続可能な利用を目指す行動型国際人の育成、ということを決めています。 当センターの基本的な役割は、多様な学習歴を持つ入学者を対象に上記目標を、 より具体的、円滑に実践することと、各学科での学習や卒業後に社会で求められている 種々の素養に対して、その基礎を育む拠点であるということです。 そこで、可能な限り幅広い分野を教授できるよう、授業運営では センター専任教員に加え海洋学部や他学部(他校舎)の教員および 非常勤教員が参加しています  当センターは教育分野ごとに「基礎教育」、「総合教育」、 「保健・体育」、「外国語」教育の4部門で構成されています。

清水教養教育センター相談室

 本センターでは各教育分野ごとに「基礎教育相談室」、 「教養科目相談室」、「健康・スポーツ相談室」、 「外国語リ-ディングル-ム」、の「常設相談室」を設け、 受講者の様々な質問に対応しています。進んで活用しましょう。


海辺の茶話会(2002年〜2009年)
 低セメスタ学生向けに海洋学部大学院生による研究紹介セミナーを行っています。 奮って参加してください。

サイエンスワールド
 2004年から毎年開催されている「見て・さわって・学ぶ」おもしろ実験会です。 小学生のみなさん、大学の実験室で、自然のふしぎを体験しましょう。

Seasids lab.
 清水キャンパスには、幼稚園から大学院までの教育機関が揃っています。 そこで2013年度より、東海大学附属静岡翔洋高等学校と中等部のみなさまに、 専門分野の入り口へと誘う「海辺の研究室」を開設しました。是非お立ち寄りください。